2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.85

さて、夕食は豚肉を食す、の予定です。

弘大を散策している時、たくさんの焼肉のお店がありました。
韓国は、どこでも感じますが、似たようなお店が並ぶ、という特徴があるみたいです。
競合することで、お互いが盛り上がる、って効果でしょうか。

道を歩いていて、熱気(まさに、熱い)を感じると、店の外で大量の炭をおこしているので…。
わき見歩きは結構危険です。
20108-58

さて、カヨンちゃんも到着し、セマウル食堂へ。
たぶん、あちこちに支店のある「セマウル食堂」だと思うのですが。

お店はほぼ満席ですが、何とか座ることができました。
荷物を置くために 透明なビニル袋が渡され、その中に荷物を入れました。
これってグッドアイディアですね~。
煙を吸うための煙突が各テーブルに一つずつ上からぶら下がっています。
これを伸ばしたり縮めたりします。

20108-61
まず、注文したお肉が運ばれてきます。
軽く、タレがかかっています。
20108-50
こんな風において…。
煙突はお肉のすぐ上まで伸びてきています。
20108-51
たくさんお兄さんたちがいて、こまめに世話をしてくれます。肉を焼いたり、鉄板を入れ替えたり。
韓国の焼肉は鉄板をこまめに入れ替えますね…。
20108-56    20108-62

そうこうしているうちに、テーブルの上は たくさんのパンチャン반찬(おかず)でいっぱいになってしまいました。

20108-55
これら、当然 無料でお代わり自由。
これが ソウル行きをやめられない原因のひとつになっています。

要注意はこの青い唐辛子。
20108-59
ししとうの様でもあり…。
みそを付けて食べますが、辛いのに当たると こたえます。
ばくちみたいです。
 のりりん、辛いところに当たって…。
ご飯を頼みました。
ご飯は有料。必ず、テンジャンチゲが付いてきます。これは無料。
この、昔懐かしいアルミの鍋に入っているのが面白い。
(このアルミのちっこい鍋、たくさん並んで売られていました。)
20108-60

私たちは マッコリを注文。
マッコリが焼肉や、辛い料理に実に合う!!
続いて 焼酎を1本頼みました。

続いて「豚の皮」を注文。デカイ
20108-52
コラーゲンたっぷりだそう。
小さく切ってくれます。不思議な食感。
20108-53
冷麺も注文
すっきりして、美味!시원하다 !という言葉が ぴったりします。
20108-54
「写真撮って」とカメラを渡したら、おもむろに自分たちに向けて ハイポーズ!
 こんな おもろい 兄ちゃんたち満載のお店です。
20108-57
帰り際にも、「どんな仲間?」と聞かれ、ソラちゃんが「友だち」と言ったので、私も「そう、友だち!!」って言うと、レジの兄ちゃんが「嘘だろ~~!うそつき~~~!」だって。
そりゃ、親子ほど年は違うけどね~~!!

(だって、ここの支払いを頑としてソラちゃん・カヨンちゃんが してくれたってことで、余計『どんな仲??』って思ったのかもしれません)

ソラちゃん、カヨンちゃん、ご馳走様~~~!!
…それにしても、たくさん食べて飲んで…7万ウォンは いきませんでした。
だから、ソウル行きはやめられない…。

この記事へコメントする















Kaさん

Author:Kaさん
ソウル旅行記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。