2017 / 11
≪ 2017 / 10 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - 2017 / 12 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.53

二日目の昼食はカルビで有名な水原で牛カルビを!と一応決めて日程を組みました。
2店ほど候補に上げていました。そのうち1軒がガイドさんもお勧めの店で、そこにいくことに決定。予約をしておかないと地元の人でも行列ができる、ということで、予約をしてもらいました。
そのお店は佳甫亭(カボジョン)カルビ。去年の5月『旅サラダ』で女優の佐藤仁美さんが韓国郊外を旅し、そのときに立ち寄ったお店です。ともすればテレビでは放送されても現地の人は行かない…なんて話がありますが、ここは現地の人も多いそうです。実際観光客ってより、韓国の人の割合のほうが抜群に高かったです。
多くはでっかい牛骨の入った「カルビタン」をたべていました。
20100105-028


さて、そのお店…。私たちが入ったのは新館のほうらしいのですが、第1印象「きれい!」
ほら、きれいでしょ?入り口にも緑、熱帯魚、オブジェ…。
20100105-023
20100105-093
20100105-032
20100105-033
20100105-035


そして、出てきた料理…。続く画像を見てもらって、まさにこのとおりです。
他に言葉は要りません…。

20100105-096
20100105-095
20100105-024

私たちが注文したのは韓国牛の骨付きカルビのランチ。
まあ、いつものことながらここでも期待を裏切らない付属のおかずの数々数・数…。ナムルも美味しいし、このかぼちゃのチヂミもホッコリして、とっても美味しかったです。
20100105-097
ご飯はたいていどこでも変わりご飯。最近の健康志向が表れています。ここでも雑穀が入っていました。
20100105-090
熱々のチゲはデ~~ッカイ牛骨でだしをとっているようです。
20100105-092
 もちろん、葉っぱもおかずもお代わり自由です。
おかずの中にケジャンがありました。
ここのケジャンはかなり辛いので、刺激的です。

車を運転しなくてよいので、ここでもチョイと一杯。
「焼肉にはビールでしょ!」ってMahou女子はビール。その他は変わったお酒を頼みました。
向かって左が梅酒。真ん中焼酎、右が梅エキス
20100105-029
梅酒と焼酎に梅エキス100%をといて梅焼酎にするもの。梅系、とってもお気に入りでまたまた大感激。梅酒を2本頼んで、1本は開けずに飲めそうもなかったので「持って行ってもいいですか?」と聞いたところ、あけていないので、ということで請求から引いて再計算してくれました。明朗会計で…。その点でも安心です。

 お肉はとっても美味しくて、さらにお肉だけ追加しました。
今度はオーストラリア牛の味付けカルビ。この「味付け」ってのが、なんとも言えず美味しくてまたまた感激!!
ここでもおなか一杯になりました。 
おなか一杯になったペコちゃん、用意周到で早速食後に整腸剤を飲んでいました。
隣から「何を飲んでるんですか?」とMahou女史の素朴な疑問。薬の袋には「ツムラ」の文字。あ“~~~!これって、葛根湯じゃん!!薬 間違い。
 ホント、今回の旅はペコちゃんの『天然』にもヤラレマシタ。

ガイドさんのお話によると、各自に水キムチが出されていましたが、そのお汁も飲むと消化にとてもよいそうです。うまくできています。
最近のワインブームを反映しているのでしょう、ワインセラーも大きいのがありました。
20100105-031


 私たちはテーブル席でしたが、座敷席もたくさんあるようです。もちろん、オンドル。足の裏からホカホカ暖かいこのオンドルも本当に気に入りました。
また、で~~~っかいストーブもあり、一気に暖めてくれます。外は零下でも店内はホカホカです。
20100105-030


 そして最後に「無料のコーヒーがあるんですけど飲みますか?韓国のコーヒーは甘いから、お口に合うかな?」とガイドさんにすすめられ飲んだコーヒー。この甘さがなんとも美味しくて、ついお代わり。すべてにおいて辛口嗜好のMahou女史、特にお気に入りで、この自販機を持って帰りそうな勢いでした。アブナイアブナイ。
20100105-0027
カボジョンで焼肉を食べた方、入り口入って左手の奥の目立たないところにこの自販機がありますから、お帰りにはぜひ甘~~いコーヒーを飲んで、さらに韓国を味わってください。

~帰って録画していた『旅サラダ』のカボジョンのレポを見ました。
テレビで放送されたより実際に行って感じたほうがもっと感激でした。
お勧めです!!

この記事へコメントする















Kaさん

Author:Kaさん
ソウル旅行記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。