2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.21

3日目
この日も9時から車とガイドさんを予約し、自由自在ツアーを入れていたので、ホテル近くで簡単に朝食。車も頼めるし、自由にコースが組めるので、これが本当に助かります。もちろんガイドさんも心強いし。

ホテルの中にKRAZEバーガーのチェーン店が入っていたので、そこに行き、サンドイッチと飲み物で簡単に済ませました。

 さて3日目は 古いものに出会う旅です。
『三清洞(サムチョンドン)~北村~広蔵市場~』ここまでガイドさん付きで、そのあと仁寺洞でのんびり(結局、のんびりではなかったのですが)買い物、そして20時からのNANTAという流れです。

 三清洞あたりは現在は新しいショップが次々にできて、散策するにもお茶するにもとても良いところだそうです。
 でもガイドさんに言わせれば「私たちにしてみれば、このあたりは『怖い』場所です。以前、このあたりに連れて行かれる、ということはあまり良いイメージではなく、実際に亡くなった人もたくさんいます」…とのことでした。
 私も色々な映画を見ていて、ちょっとピンとくることがありました。いろんな映画を観る中で、今でこそ何でも自由にみえる韓国ですが、ほんの少し前まで夜間外出禁止であるとか独裁国家だったしKCIAのこととか、思想統制が厳しかったことを、おぼろげながら思い出していました。
 今では古い家屋を生かしたもの、また新しく落ち着いたたたずまいで改装されているもの・色々なショップが点在し、買い物心をそそります。
 ただ、ほとんどのお店が10時ころからのオープンなので、外観だけを見て歩きました。
それだけでも結構楽しめます。
見えるかな~。ドアの上の 軒さしに穴が開いていて、風車の影がドアに映っています。面白いアイディアですね~。7.29-1
これなんだかわかりますか?小石がたくさん金網の間に入っています。7.29-2
壁なんです。
7.29-4
ここは 단풍나무집(タンプンナムチブ=モミジの木の家)と言って、ちょっと高級な焼き肉やさんだそうです
7.29-3
お豆腐料理の店だそうです。石うすは「ここで豆をひいて作っていますよ」とのお知らせ。
7.29-5

 この建物も変わっています。ルーバーが一枚一枚 木でできていますね。
7.29-9
 この壁も変わっています。瓦を埋め込んでいますね。
7.29-8


このあたりは警官の数もとても多く(青瓦台も近いので)、道端に警察車両が停めてあり、若い警察官が何100メートル間を行ったり来たりして、巡視していました。

そして10時になったので北村に移動。「ジャス(刺繍)博物館」続いて「メドゥ(組ひも)博物館」へ。
私は2年前にもこの二つに行ったことがあります。
刺繍はそれは見事で絵でも描けないような模様が一針一針さして出来上がっています。さすがに手創りのものなので高値で、小さな鏡台が50万円くらいだそうです。嫁入り道具、というのではなく、お嫁さんが結婚のときお姑さんへのプレゼントとして頼む…なんて、さすが韓国。

ジャス(刺繍)博物館の中庭。韓屋の雰囲気が素晴らしいです。
7.29-18
7.29-16

このあたり一帯は韓屋の保存地域になっているので、昔ながらの雰囲気が保てています。ただ昔は車も通れないほどの道幅だったそうですが、それは拡張されているところが多いそうです。(道を1本隔てたところに毎回行く季家があるのですが、今回はいきませんでした)
どこでも 唐辛子栽培
7.29-11
トラックが移動販売。坂道なので助かると思います。ただ、車は離合できないので~。
7.29-12

昔はこのような狭い路地ばかりだったそうです
7.29-14
遠くに見えるのは南山タワーです。7.29-30







この記事へコメントする















Kaさん

Author:Kaさん
ソウル旅行記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。