2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.118

さて、夕食は「スンドゥブ」と決めていました。
お店は明洞にあるので、帰る道すがら。。です。
ところが、どうも閉店している様子。

どこか、開いているだろう。。。と思っても意外にお店が閉まるのが早い感じがします。
あのゴミの収集時間とも関係あるのかもしれません。
のりりんも 調べてくれていたお店もありましたが、人影が少ないってのは ちょっと不安だったので、さらに歩いて、歩いて。。。
たしか ビビンバの店があったよね。。と 
ついてみると、そこも閉店した後でした。

ところがちょっと歩いた先に 店先にご飯を炊く釜が並んだところが。
この風景、みたぞ。。。
そう、去年行った仁寺洞の『チャイヤギ』の姉妹店?『オウガ』でした。

恐る恐るドアを開け、まだいいですか?と聞くと、大丈夫とのこと。

ホッとしました。

それに、ここだとメニューも安心です。
『チャイヤギ』で食べたように竹筒に入ったごはんとサムギョプサルの定食、それに前日食べて美味しかった豚の首肉があったので追加して注文しました。
おっと、ここではドンドン酒があったのでそれも。
これもまた美味!!
110106-63
店内では おじさんたちのグループがにぎやかにお酒を飲んでいました。
どうも職場の同僚(上司)のようでした。
竹筒ごはん。中に炭が入っています。
あとでお茶を入れてお茶漬けにしても美味です。
110106-66
いつもながら、たくさんのパンチャン(おかず)が並びます。
この お味噌が美味で、売っている、とのことで買って帰りました。
15000ウォンでした。
110106-64
ドンドン酒。おいしい!
110106-65
焼肉~~。
私はソウルで豚肉の美味しさを改めて知ることになり。。。
このお店もその要因の一つです。
110106-68
ここはなんといっても葉っぱの種類が半端ではありません。
見たこともない葉っぱがたくさんあります(これらは翌日になって、また新たな発見をしました)
これらの葉っぱに 焼いたお肉を、キムチや、みそや、ニンニクや、いろんな物と合わせて食べます。
110106-70
110106-71
110106-72
お店に野菜の名前の書いてあるポスターが貼ってありました。
これ、ほしいです。
110106-73

パンチャンに焼肉に、ドンドン酒に、竹筒ごはんに。。。おなか一杯になりました。
店内には私たちより後に入ってくるお客さんもいて。。。
あまり 焦ることなく 食事を終えました。


今回の旅行、最初に考えていたことが コケて、でも結局最後にはその結果の方が良くて。。
そんな旅でした。
この「オウガ」に 思わず巡り会えたのも その一つです。



さて、ホテルまで数分の距離。
これが何とも楽ちんでした。

帰りにはホテル前のセブンイレブンに。
今回、ソウルで初めて「プリン」を見ました!!!
これは 私的には大発見です。
110106-75
韓国では「プリン」ではなく「プディング」って感じですね。
1200ウォンって、安いですよね。。。

(ついでに韓国版ファブリーズも)
110106-74

。。。そして、ホテルへ。
この夜は 荷物をホテルから送ることにもしていたので、そのパッケージにも奮闘し。。。
結構遅くまでおきていました。

が、その後の記憶もありません。
長い二日目もようやく終わりました。。。

(私の報告が終わるまでが ながい、っつーの)


【明洞の夜】
明洞は閉店の早い店が多いですよね。以前聞いた話(未確認情報)では、何かの指定地域で夜間営業に規制があるとか?(あくまで未確認、あまり信じないで)そのせいか、歩いて少しの鐘路には深夜営業店が多いですし、(明洞には無い)アガシ接客の夜の店も多くなります。

それも理由のひとつで、最近は明洞近辺に宿泊しておりません。2008年末の江南・リッツH付近では、深夜2時3時まで賑わっていました。夜更かしの街ソウルでは、(繁華街の中では)明洞は寧ろ特殊な地域なのだと思います。
この記事へコメントする















Kaさん

Author:Kaさん
ソウル旅行記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。