2017 / 07
≪ 2017 / 06 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2017 / 08 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.114

朝、牛をやっつけた私たちですが、昼は「鶏」と決めていました。
地下鉄で鍾路5街まで移動。
そこから少し歩きます。
110106-30

お店の名前は「チンオックァハルメ・ウォンジョ・タッハンマリ」
これも のりりんのリサーチによるものです。
『タッハンマリ』の名の通り『タッ』鶏が『ハンマリ』一羽です。

12時少し前に入ったのですが、1階席はまだ空席が多かったです。
席に着くや否や 何も言ってないのに
このセットが運ばれてきます。
110106-31
お店の人がやってきて、鳥を大きな(いかにもよく切れそうな)はさみで バッサバッサと解体していきます。
110106-32
…このはさみ ほしい。。。
続いて、調味料の準備も。
110106-34
お酢、しょうゆ、からし、コチュジャン…などを皿に入れてくれます。
110106-33
110106-35
キムチを中に入れてもいいか?と一応聞いてくれます。 
辛いものが苦手な日本人も多いからでしょう。
トッポッキも入れて、トッポッキは浮いてきたら食べても良い、鳥は10分くらい…と 言って去っていきます。
110106-41

トッポッキはすぐ浮いてきます。
このトッポッキ、柔らかくておいしかった~!
110106-36
煮えた 鶏肉を薬味を混ぜたお皿にとっては食べていくわけです。
コラーゲン、たっぷりです。(あ、鶏の。。。朝は牛の、でしたから)

ペコちゃんは「もう、化粧品の試用はしてるし、コラーゲンたっぷりだし、もうお肌プリプリですね~!!」と。
鳥を食べながら、いろんな部位の味が違うので、面白かったですよ。

さすがにお水だけでは辛いので、ビールを3人で1本頼みました。

私たちよりちょっと後に入店した韓国人のグループの人たちが「こっちの世話もしてくれないの?」(鶏の解体など)と言ってましたが「あの人たちは日本人だから。。」とか言われ、あきらめてましたが。

12時を過ぎるとどんどん どんどん人が入ってきて。
よく見るとみんな自分たちで はさみで鶏を切っていました。
。。。う~~~ん、いくら韓国の人だから、ってこれって難しいよね~~と思ってしまいました。

韓国料理って、白い服は厳禁ですね。さすがにタレが散ることもあります。
ペコちゃんは店内にあった エプロンを借りてきて、着用していました。

…そしてお鍋は3人によって こんなことに
110106-37
当然 これもたくさん出ます
110106-38
そのあとは これです。
110106-39
ククス、一人前、と言いたいところですが2人前から、ということなので2人前追加。

出汁も追加してくれ、7分程度煮込みます。
110106-40
このお店の特性というこのうどん、ちょっと乾麺っぽくしてあるのですが、煮込みにはピッタリです。
う~~ん、満足満足!!
たいそう 美味しゅうございました!!!


私たちが店を食べ終わったころ入店してきた美人3人組。
スタイリッシュでみんな美形なのですが、お皿の薬味をみてびっくり!!
あのお皿 全面2センチくらいの厚みで コチュジャンが入っていました。
恐るべし、韓国人!!!
参った!!!

そして、このタッカンマリ、片付けが実にお見事。
巨大洗面器のようなものの中に テーブル上すべてのものをポイポイ入れて、さっとテーブルを拭いて。。。
これもまたお見事!


【タッハンマリ】
タッハンマリ、そういえばまだ韓国では食べていません。新大久保では食したのですが・・・。美味しそうですねぇ~。
【色々な食べ方があるんですね~】
当然ですけど、鶏にしても、いろんな食べ方がありますよね~!
サムゲタンもおいしいし。。
まだタッカルビを食べたことがないので、いつか食べてみたいです。
2泊3日だと食事の回数も少ないので、何を食べるか、迷います。
当然、リピートしたいこともありますしね。
この記事へコメントする















Kaさん

Author:Kaさん
ソウル旅行記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。