2011 / 01
≪ 2010 / 12 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - 2011 / 02 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.115

さて、お昼に鶏を食し、満腹の私たち。
再びキンキンに冷えた通りに出て、地下鉄で鍾閣まで行きました。
去年のお正月にも、夜このあたりを歩いた気がします。

教保文庫、去年一時期改装をしていたようで、入り口の風景がまったく変わっていて、「どこから入るの?』という感じですが、人の流れを見ているとなんとなくわかります。
ソウル1大きいとのことで、たくさんの人が出入りします。
 110106-42
私の目的は文具(といっても韓国らしいかわいい文具)とDVDです。
DVDでは「同伊(トンイ)」が欲しかったのですが、全部がそろってなくて。。
あきらめました。
そして、文具は。。
なんで、韓国ってあんなにかわいいハングルの文字なのに、その文字を使った紙類(便箋等)があまりないのですかね?
仁寺洞に行けば、あるんだけど。
教保文庫がどちらかといえば現代的な品ぞろえだから、それを求めても無理なんでしょうね。。。。

のりりんは甥っ子さんへのお土産、ペコちゃんは自分へのお土産、それぞれを見つけていました。
110106-43
テレビの撮影?が入っていたそうです。

寒いので木々にも防寒対策が。
110106-45
ぐるぐる巻き
110106-44
さて、教保文庫を出て世宗大通りへ。
ここはここ数年、冬の間スケートリンクになっていましたが、今年はまたソウル市庁の前に移りここは広い広場だけになっていました。

舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像が日本の方向を向いて立っていますが、これも去年外されて、きれいに掃除してもらったそうです。
110106-46
手前は世宗大王の銅像、その向こうが光化門、奥に見える緑色の屋根が青瓦台です。
風水を元に作られているので北山に向かって一直線上です。
110106-57
とにかく、道路のど真ん中、広い。
110106-58

 夏にはまだ工事中だった光化門ですが、前回の訪韓の直後に改装が完成し、立派な姿を見せています
110106-48
近くに寄ってみると、韓服姿の衛兵たちが立っています。
絶対、マイナス気温と思われる中『寒そう~~』
しかもひげまでつけて、ご苦労さんです。
街角の警察官や兵隊さんたちは顔面を覆うマスクをして立っているのですが、この人たちはそうもいかないので、かわいそうです。
でもこっち側の人たちはまだまし。陽が当たっていますから。
110106-49
景福宮の方に入ると、日陰で、私たちも思わず『さむ!』っと思うほどですが、門のあっちとこっちで、えらい違いです。
中にはまだまだ雪が残っていました。
110106-50


広場を歩いて、光化門まで行って、そこからタクシーに乗ってロッテデパートまで行きました。
タクシーも安いので、乗る方が便利です。
ただ、市庁周辺は一通が多いので、しかも右側走行だし。。
どっちでタクシーを拾うか、混乱します。

乗ったタクシーの運転手さんは日本語が堪能な方でした。
仕事で日本と交流しながら日本語を覚えた人たちが 不景気で離職したとき、タクシーの運転手さんとして働かれることが多いそうです。

ロッテ百貨店では免税店へ。
のりりんとペコちゃんは頼まれているDr.Jardのメーカーへ。
私も免税なので、ここでお土産用のシートパックを大量にThe Face shopで買いこみました。
ここも韓国メーカーではどこも「かたつむり」だらけでした。

110106-51
ロッテ百貨店の飾りつけ。
毎年、面白いけど、この巨大植木鉢は うまく使い回しされてます。
スポンサーサイト
Page.114

朝、牛をやっつけた私たちですが、昼は「鶏」と決めていました。
地下鉄で鍾路5街まで移動。
そこから少し歩きます。
110106-30

お店の名前は「チンオックァハルメ・ウォンジョ・タッハンマリ」
これも のりりんのリサーチによるものです。
『タッハンマリ』の名の通り『タッ』鶏が『ハンマリ』一羽です。

12時少し前に入ったのですが、1階席はまだ空席が多かったです。
席に着くや否や 何も言ってないのに
このセットが運ばれてきます。
110106-31
お店の人がやってきて、鳥を大きな(いかにもよく切れそうな)はさみで バッサバッサと解体していきます。
110106-32
…このはさみ ほしい。。。
続いて、調味料の準備も。
110106-34
お酢、しょうゆ、からし、コチュジャン…などを皿に入れてくれます。
110106-33
110106-35
キムチを中に入れてもいいか?と一応聞いてくれます。 
辛いものが苦手な日本人も多いからでしょう。
トッポッキも入れて、トッポッキは浮いてきたら食べても良い、鳥は10分くらい…と 言って去っていきます。
110106-41

トッポッキはすぐ浮いてきます。
このトッポッキ、柔らかくておいしかった~!
110106-36
煮えた 鶏肉を薬味を混ぜたお皿にとっては食べていくわけです。
コラーゲン、たっぷりです。(あ、鶏の。。。朝は牛の、でしたから)

ペコちゃんは「もう、化粧品の試用はしてるし、コラーゲンたっぷりだし、もうお肌プリプリですね~!!」と。
鳥を食べながら、いろんな部位の味が違うので、面白かったですよ。

さすがにお水だけでは辛いので、ビールを3人で1本頼みました。

私たちよりちょっと後に入店した韓国人のグループの人たちが「こっちの世話もしてくれないの?」(鶏の解体など)と言ってましたが「あの人たちは日本人だから。。」とか言われ、あきらめてましたが。

12時を過ぎるとどんどん どんどん人が入ってきて。
よく見るとみんな自分たちで はさみで鶏を切っていました。
。。。う~~~ん、いくら韓国の人だから、ってこれって難しいよね~~と思ってしまいました。

韓国料理って、白い服は厳禁ですね。さすがにタレが散ることもあります。
ペコちゃんは店内にあった エプロンを借りてきて、着用していました。

…そしてお鍋は3人によって こんなことに
110106-37
当然 これもたくさん出ます
110106-38
そのあとは これです。
110106-39
ククス、一人前、と言いたいところですが2人前から、ということなので2人前追加。

出汁も追加してくれ、7分程度煮込みます。
110106-40
このお店の特性というこのうどん、ちょっと乾麺っぽくしてあるのですが、煮込みにはピッタリです。
う~~ん、満足満足!!
たいそう 美味しゅうございました!!!


私たちが店を食べ終わったころ入店してきた美人3人組。
スタイリッシュでみんな美形なのですが、お皿の薬味をみてびっくり!!
あのお皿 全面2センチくらいの厚みで コチュジャンが入っていました。
恐るべし、韓国人!!!
参った!!!

そして、このタッカンマリ、片付けが実にお見事。
巨大洗面器のようなものの中に テーブル上すべてのものをポイポイ入れて、さっとテーブルを拭いて。。。
これもまたお見事!


Page.113

広蔵市場で味を占め、私たちの市場探検の矛先は次は「京東市場」へ。
色々な薬剤のある市場として有名です。

地下鉄1号線チェギドン(祭基洞)の駅2番出口を出て進んでいきました。
駅を出た途端、いろいろな屋台が並びます。
屋台がず~~っと続き、お店か屋台かわからない感じです。
110106-12
110106-11

珍しいものがずっと並びますし、全部ハングルなので、何がなにやら。

一軒のお店さきで声をかけられ、中に入って飲み物をいただきました。
冨山漢醫院です。
それが、甘くてすっきりしていて…
何か、と聞いたところ、色々混合して作ったそのお店のオリジナルの漢方ドリンクのようでした。
女の人が入ってきて、紙コップを取って飲んでいるので、お店の人かと思いきや、ご近所の人のようで、こうしてご近所のよしみで自由に飲んで行っているようです。

ここにいたおじさんの奥さんが日本の方のようで、何度も日本に行かれたことがある、とのこと。
日本語も上手でした。
圧をかけて抽出しパック詰めもそこで行うようでした。
日本のお客さんもたくさんいる、とのことで、たくさんの薬剤が箱に入っていました。
110106-26
ストーブの横の黄色いものは紙コップ用のごみ箱です。すとんと落ちていきます。

~漢方薬、ってドラマでよく見ます。
お姑さんがお嫁さんに「子供が早くできますように」と調合したり、お嫁さんがお姑さんたちに作ってあげたり…
いずれにしも、ドラマの中では『高いもの』という イメージがします。

たくさんを買うことはできませんでしたが、1500ウォンのものを10個買って帰りました。
(この時は 薬事法のことも知らなかったで。。。この程度の買い物にしておいて正解でした)

ここでは奥の部屋に漢方医さんがおられ(日本に留学されていたこともあり日本語が可能だろうです)、診察して薬を調合してくださるそうです。

また、そういうことがやってみたくなれば 寄ってみたいです。
明るい看護士?さんがおられ…
「帰りにまた寄ってください」といわれるので、…そのお言葉に後程甘えることになりました。

さて、ここでは ソウル薬令市の入り口の門があり。。。
110106-08
門のふもとの薬を煎じるやかんと(あ、やかんって『薬缶』って書くんですね~!)
110106-09
薬剤を挽く臼のオブジェが面白かったです
110106-10

とにかく、色々なものを売っています。
これは 川魚かな?
110106-24
フナのようなものもいます
110106-15
ドジョウはたくさん。ウヨウヨ
110106-25
テントの中の山積みはネギです。
ほんと、「どんだけ~!!!」
110106-16
凍った魚も凍ったまま。絶対に溶けないから安心でしょう。
110106-13
イシモチたち
110106-14
シカの角に、干した魚がぶら下がっています
110106-23
これらは粉に挽かれたものを売る店のようです
110106-22
土間にくどが作られ、そこで薬でも煎じているのでしょうか。
110106-20
雑貨店。本当はこんな店をのぞいてみたいのですが。
とにかく、各種のタッパーがあるのが面白いです。
110106-21
乾燥?凍ってる?これらはどう見ても大根の葉ですが。
110106-19
紐でくくられているのは~
110106-28
なんと、ムカデたちです。矯正されていますね。
110106-29
木のみを売っているゾーンもあって、そこでドライフルーツやら五味子の実など、たくさん売っていました。
安いです!
でも、「国産」とあるものが韓国産で、ちょっと安いのは中国産のようです。
110106-27

かぼちゃの山
ここでもいろいろな形にかぼちゃを加工して売っています。
大きなカボチャに穴があけられていて、中身が確かめられるようになっていました。
110106-18

露店にタワシの実演販売をしているオジサンがいて。
あまりに見事にきれいになるので一組(5枚セット)を買って帰りました。
110106-17
我が家のタワシではどうにもならなかった汚れが良く落ちました。
一部表示が日本語なのが、笑えます。



「京東市場」と書きましたが、どこがそうかよくわかりません。
どこのあたり?と聞きましたが、このあたりだ、と教えるおばさんもいるし。
…とにかく、また市場歩きの楽しさを知りました。

またチェギドン(祭基洞)の駅まで戻ったので、先ほどお茶をごちそうになった冨山醫院によって ペコちゃんがトイレを借りました。
トイレットペーパーを貸してもらい、外の方に出かけていきました。
詳細は…??

ペコちゃんは去年のトイレ騒動があって以来、同行者はペコちゃんが「トイレが…」との声が出ると、早めにトイレを探すことにしております^^^



そのあと 地下鉄の駅で…

おばさん数人に「中部市場はどこか」と 尋ねられました。
「私は日本人なので、わからない」と答えると、大笑いして「私たちが教えてあげないといけないのにね」、と抱きつかれて大うけでした。
ちょっと訛ったおばさんたち、明るい田舎のおばさんたちでした。
 初めて、韓国の人に抱きつかれました~~~



Page.112

二日目です。
ここ数回、ガイドさんをお願いして遠出をしていたので9時までには朝食を済ませる、という感じでしたが、今回は何も入れていないので、のろのろ…でした。

朝食はロイヤルの目の前にある「神仙ソルロンタン」で。
神仙ソルロンタン、といえば大ヒットドラマ『華麗なる遺産』の舞台ともなった場所です。
従業員のユニフォームがそのままだったので、おっ!!と ちょっぴり感激しました。

最近までBSフジでも放送されていたので、知っている人は多いと思います。
結構 面白いお話でしたし。。。

さて、ソルロンタン、韓国では2回目です。
ちょっと楽しみでした。

私たちが入ったころはちょうど席が空いていて、すぐ座ることができました。
110106-01
店内にはドラマの写真もさりげなく飾られていて…
ちょっと、雰囲気も楽しめます。
110106-02
カクテキとキムチは食べ放題です。が、どちらも大きいので切らないと。。。。
↑これは すでに切ったものです。

110106-04
ご飯がついてきます。
110106-05
私はご飯を全部入れて、キムチで味付けして クッパのようにして食べるのが好きです。
(そういえば…ここのソルロンタンには 麺が入っていませんでしたね…)

味もすっきりして、朝ご飯にちょうどよく。。。
お気に入りになりました!!

日本人も韓国人も 次々に入ってきて、空席があることがありませんでした。
美味!!!
また、リピートしたいお店です。
(…が、食べたいものも多いので)

この日は朝から「牛」を いっちょう食べました。

Page.111

「時間があったら、カラオケに行きたいね」というソラちゃんの言葉に、いつかきっとと胸に刻みながら別れました。
 カヨンちゃんとは私たちが4号線に乗り換える駅まで一緒でした。

ホテルの目の前にセブンがあったので、飲み物など買って帰ることができました。
本当に便利なホテルです。



ホテルの部屋は 普通のトリプルでした。
といっても 一つはエキストラベッド。
私は どこででも眠られるし、腰も丈夫なので、それでも良い、といったものの優しい二人が「じゃんけんにしましょう」と言ってくれました。
 やはり 一番負けで…。でも 本当になんということはありません。

いつも真っ先に「記憶喪失状態」になるので、お先にお風呂に入らせてもらい…

お二人が買ったコスメの試用を始めたころには私の記憶はありません。

気づいたら翌朝。
7時半のアラームの音でした。
(仕事だったら、遅刻してますね)
Page.110

この二人には 2009年の春、教保文庫で偶然に声をかけられて(親切に教えてもらいました)、以来訪韓のたびにあっています。
2009年の夏~2010年のお正月、夏、そして今回が4回目です。

ソラちゃんは保母さんです。
去年の8月末にそれまで勤めていた保育園が他の人にわたったため、無職になっていました。
秋ごろ、日本語を習いに行っていたようです(それまでは、かなり独学)。
12月からまた別の保育園に仕事が見つかり、そこで働いています。
 手先がとても器用で、今回も自分で作った、というマフラーを巻いてきていたし、以前彼女が作った小銭入れをもらったこともあります。
 プレゼントも一つ一つ丁寧にラッピングしてあり、驚くほどのかわいさです。
今回は 日本語でお正月のカードを作ってきてくれました。
大感激です。

カヨンちゃんは 江南に住んでいるので、あった場所まで1時間くらいかかるそうですが、わざわざ来てくれました。
弟,妹がいて、長女さんなので、ちょっと落ち着いた印象ですが、物腰も柔らかですが、ちょっと笑い上戸で、面白いです。
 野球が大好きで、プロ球団を熱心に応援しているようです。
宮崎のことも知っていました。
キャンプをするみたいですね。
彼女は一時ほどの日本語学習熱はないようですが、日本のドラマをよく見ていて、私より数倍詳しいです。

この若い二人、こちらからもプレゼントを持っていきましたが、自分たちでもかなり準備してくれて。。。
頭が下がります。
 今回リクエストがあったのは
「水の天使」…こんなの、 韓国でゆうめいなんだ~!と思ってしまいます。
それに「アイボン」。
面白いですよね。
前回「休足時間」を頼まれたので、今回はあったかい湿布を持っていきました。
他には雑誌。…などなど。

ソラちゃんの日本語学習のレベルはとても高く、「謙譲語と尊敬語が難しい」…といわれても、こっちの方が???う~~ん、そうだね~、…という感じです。
 でも私もいろんな言葉の発音とか教えてもらって、とても勉強になります。

テレビの俳優の話なんか、お互いにネットを駆使して「あ、だれが出てる」「あのドラマはね~」なんて、盛り上がります。

日本の若者も、外国の人に対して、こんな風に親切に接することができるか…心配になります。

いつもいつも、仕事に疲れた体を押して、おばさんに会いに来てくれるので ありがたいです。

Page.109

2009年春の旅で知り合ったソラちゃんとカヨンちゃんに会うことにしました。
今回はソラちゃんのすんでいるところの近くでお勧めの店がある、ということでそちらに足を延ばすことにしました。

こんなことでもないとソウルの中心街を出ることなんてありません。
通訳なしでも大丈夫なので(彼女たちが日本語を勉強中です)、これほど心強いこともありません。


明洞から4号線でそのまま総神大入口(梨水)まで行き、7号線に乗り換えです。
大きな乗換口なのか、動く歩道までありました。
110105-74
7号線で鉄山の駅まで。


ソウルは郊外に大きな団地がいくつもあるので、通勤帰りの人たちで地下鉄の中もいつまでもたくさんの人が乗っています。
2番出口でソラちゃんとカヨンちゃんと合流。
地下鉄でずいぶん来たところですが、ソウルの中心街とそう変わった景色ではありません。
とても賑やかです。

今回はソラちゃんのおすすめの鴨肉のバーベキューが食べられるお店に連れて行ってもらいました。
タクシーで10分?くらいかな?4400ウォンの距離です。

すると…びっくりするような景色のお店がありました。
道路から数十メートル敷地に入るのですが、そこが除雪してなくて、タクシーの運転手さんが「除雪しとけよ!!」みたいに愚痴ってたのが面白かったですが。
何せ、雪がしっかり残ってました。
池の水も中心の噴水部分は凍っていませんが…周りの氷は結構厚そうです
110105-13
大きな木の焚火です。
中で燃えている木の直径は80センチ近くあると思います。
周囲に積まれた木々もとても径は大きく…
どれも50センチくらいはあると思います。
110105-77

お店の名前は「온누리 장작구이」(全世界 薪焼き)
その名の通り、薪があちこちに山積みされています。

暗くて寒いので、外の画像はぼけてしまって、あまり良いのがありませんが…
さすがにここは 寒かったです。
110105-48
110105-49
110105-50
ブランコも手作りで味がありますが…凍って見えます
110105-18
ここで鴨肉がローストされているようです。
立ち入り禁止でした。
110105-20

中に入ると、暖炉で大きな薪が燃やされていました。
110105-14
基本的に「バーベキュー」です。

110105-32
アルミホイルの中は「サツマイモ」…同時に焼き芋も作れる、ってことです。

そして!!
鴨肉の燻製やポッサム、骨付き肉…などを焼いていきます。
110105-16

110105-33
初めて食べて、あまりのおいしさにびっくりしたのがこれ!!
豚の首肉だそうです!
110105-34
やわらかいし、おいしかった~~!!
韓国っていろんな部位を食べるので、本当に楽しいです。これも現地の人に紹介してもらわないと、メニューから選ぶことすらしないと思います。
ありがとう!ソラちゃん。。。
また、この切り干し大根のキムチも歯ごたえがしておいしかったです。
このお店のキムチ全般、おいしかった~!!
110105-36
焼くのもせっせとソラちゃんが面倒を見てくれます。
「韓国では、年下の人が年上の人のお世話をします…」とのことで。
若者に頭が下がります。。
110105-35
店員さんたち。
最初は日本人、ってことで敬遠?がちでしたが、次第に親しみを持ってくださってました。
110105-27
交換用の網。
韓国では、網が焦げ付いてきたら、即交換してくれます。
山積みされてます
110105-17
〆に頼んだククスも 細麺でおいしゅうございました。
110105-51
今回の旅行では こんな洗面器風のアルミの器にそのまま出てくるお店体験をたくさんしたと思います。

このお店、たくさん支店があるみたいで、ソウル中心部近くにも去年できたみたいです。
ぜひ、リピートしたいです。
マッコリがないのが ちょっと 残念かな~
今回行った店は →こちら

Page.108

明洞ギルの通りを歩いているだけでも、いろいろ面白いことに出会えます。
休暇中の兵士さん。韓国ではこうした風景をたくさん見ます。
寒い中、あちこちで若い人が警備に立っているのも、軍役の人か警察です。
110105-39

明洞のあるホットック屋さん。
110105-45
チャプチェ風の具もありましたが、私たちは「甘い方」で。
110105-30
これが食べるのがなかなか大変で。
とにかく、気を付けないと やけどするくらいのアツアツの具(黒蜜)が 飛び出てきます。
110105-41
明洞の屋台の営業時間も大体決まっています。
夕方5時くらいに一斉に出勤。11時には撤退です。
このあたりの時間を守るってのは夜間外出の名残?か、徹底していると思ってるのですが…
ゴミ収集の問題もあるのかもしれません。
110105-47
110105-46
12時過ぎには、路地のあちこちに大量のごみが出され、収集の業者が集めて回っていました。
ドラム缶にはいっぱいの残飯。
生ごみを別に出すのがソウル流らしいです。
そして、資料とかに離最る腐れるそうですが…
夜中に集めるので、カラスとかの被害にもあわないし、紙ゴミと分別することでリサイクルにも回しやすいですね。

ある路地で警察官がひとり煙草を吸っていました。
その先には
110105-44
パトカーが停止していました。日本ではパトカーは必ず2名で乗車していますが、韓国はどうなのかな?
もう一人は?トイレ?
明洞のど真ん中です。堂々としている、というか おおらかっていうか…

めちゃめちゃ寒くてもカルメラ焼きを地道に焼いているおばあさん。夏にもいました。
110105-43

大通りに面した会社の前の植栽。
夏には水草でした。→こちら
今は「麦」でした。
春先が楽しみですね。
110105-42

いろんなお店にこうしたスポット暖房があり、これがとても暖かいです。
110105-40

Page.107

宿泊先のロイヤルは明洞ギルの端の方にあり、立地は抜群。
私たちがいつも利用する両替屋さんもすぐそばでした。

いったんホテルに荷物を預け、さっそく両替に。
レートは「13.68」。
さっき少し下がった…とおばさんの話。
5万円両替しました。
最近は50000ウォン札が出て、厚みも少なくなりました。

いったん部屋に入ったのですが、チェックイン前だったので、部屋は掃除中でした。
掃除の人に「すぐ出ますから」と伝え、貴重品を預けたり、トイレに行ったり…。
寒さ対策もして いざ!!


雪の名残が残っていますが…気温が低すぎて、全然溶けません…

まずは明洞ギルでコスメを買いに行こう~!ということで出発しました。
同行ののりりんがいろいろ下調べをしてコスメチェックをしていてくれました。

今回 あれれ??と思ったことがあります。
明洞のコスメショップといえば、各メーカーが乱立し、そのどれもがしつこい勧誘で、お店に引きずり込まれる…それをかわすのが煩わしい…お互いに嫌な気持ちになる…ってのが 定番でしたが、今回はいくつかのメーカーでそれが違っていました。
 中でも入って行っても呼ばれるまで接客しない、というスタイルもあります。
innisfree(イニスフリー)も、Nature Republic(ネーチャーリパブリック)も そんな感じでした。
逆に 相変わらず強引な客引きの店もあり…。

その一つがbaviphat
その近くにホットックの屋台が出ていて…
今回の旅の目的の一つが「ホットックを食べる」ことで、ここのホットックがwell-being をうたった具が入ってるので、と寄ってたら 客引きのお姉さんがいて…
ここには私が代表で『引きずり込まれ』、ガッツリ買い物をしました。
110105-38
この、足のイラストの物、日本でもありますが、1時間半程度履いておいてお湯で流すと1週間くらいかけて角質が取れる…というパック?ですが、イラストが何とも私的で、かわいいです。
○○ウォン買ったらおまけがつく、ってのでここで一番買った気がします。
110105-61
色々なショップでシートを発売していて、これはお値段も手ごろなので、お土産用に面白そうな素材のものを あれこれ買っています。このショップでは黒豆?のものがあったので買いました。

同行のペコちゃんものりりんも たくさんお目当てのコスメがあって、おかげで私もあちこちのお店に寄っては楽しみました。
それに、前回もそうでしたが、一日目にコスメショップによって、その夜お試しして、お気に入りがあれば、滞在中に追加購入する、ってのが流れのようになっています。

今回痛感したのはどのコスメショップでも「かたつむり」の成分入りの化粧品が多い、ということ。
ないショップも「発売予定」で 「どんだけ~~~!!?」と思ってしまいます。
私はお正月に行った東急ハンズで初めて「かたつむり」の成分入りの化粧品がある、って目にしたのですが…

韓国はすごいですね。
そのうち私たちの田舎でも「かたつむり」の化粧品が場所を占めることになるのでしょう~!


私が1日目に買ったものです。(この後、二日目にも「カタツムリ」シリーズをいくつか買いましたが写真はありません)
110105-67
220105-63
ホリカホリカでは夏に買ったBBクリームが娘に取られ、彼女的にはお気に入りだったようで…
今回は先にローラーがついて、手が汚れない、って新商品が出ていたのでそちらにしました。
足パックもリピートです。
110105-65
このトマト?のような容器に入ったクリーム、ペコちゃんが手の甲に5分間つけてたら、その部分が白くなってました!
それで、これも色黒に悩む娘に買ったのですが…
110105-66
フフフ、数時間すると何のことはなくなってたみたいです。
なんだったんでしょうね…^^^


韓国コスメは免税店でも扱っているものもあり、そちらで買うと免税してあるので少しは安くなっています。
普通のお店でも免税できるようになっているのだとは思いますが…
空港での手続きが面倒なので、それをしたことはありません
(~商品も手元にないことも多いですしね)

3人、ガッツリ買っておまけもいろいろもらって…
重い荷物もホテルがすぐそばなので、置きに帰ることができました。
ほんと、ロイヤルは便利だったな~~~。


Page.106

110105-25
今年の空港はそうたいした積雪量ではありませんでした。良かった…
110105-26

雪こそ降らなかったけど、やはり「寒さ」は厳しいようです。

不思議に 思って、面白いのは、さんざん「寒い」を連呼すること。
ニュースでもそう、気象の話が優先。
どの番組を見ても、「今日は寒いから」「寒いですね」
また、出会う人、出会う人「寒いですね」…

ソウルの冬って寒いのが当たり前なのに、さんざん寒いを連呼するので可笑しくなってしまいます。

ええ、そりゃあ寒うございますよ。
でも、それは外だけで一歩建物や乗り物に入ってしまうとどこも暖かく、そんなに不自由はしません。
かえって、厚着ができないのが不自由なくらいです(だって、着こんでしまうと脱ぐわけにもいかず…どうしてもコートで調節ができるくらいの着方をするしかありません)。
*ちなみに 今回の私のやり過ごし方は…
 腰とおなかにホッカイロ。
 ババベストにヒートテックシャツ1枚、薄着のシャツ1枚、それにセーター類。で、コート。
 下はタイツにひざ下までの靴下、レッグウォーマー。
 意外にズボンのあたりがす~~す~~するは、静電気で肌がピリピリくるわ…って感じの時がありましたが。
 帽子、手袋(必需品)、マフラーです。

 帽子をかぶってるのは日本からの旅行者くらいだと思いました。

ソウルの女の子たちはすごいです。
そんな中でも、ミニスカートにタイツ。
これが圧倒的に多いです。

寒くて当たり前のところなのに、「寒い」の連呼で面白いな~と思ってしまいますよ。


漢江(ハンガン)も凍っていました。
110105-34


Page.104

去年、お正月の旅はソウルの大雪のため、飛行機の離陸が遅れ、福岡からの出発も大幅に遅れました。

今回は 新幹線も順調でソウルの天気も大丈夫そうでした。

福岡空港について、いつもはゲートに長蛇の列ができているのですが、今回はそうでもありませんでした。

往復ともC席(ビジネス)にしていたので、気持ちにちょっと余裕があります。
搭乗手続きに行ったところ「ファーストが空いていますので、そちらに変更しても良いですか?」と きれいなお姉さんが。
 もちろんですとも!!!
おまけに 福岡空港の大韓航空のラウンジも利用できる、とのことでした。
(ラウンジのサービスを知らない私たちは 搭乗手続きのあと、出国手続きもせずに2階のレストランで軽食を取ってしまいました…。もったいなかったな~~~)
しかも、禁煙席と喫煙の区別がつかないところで…
たばこの煙にまみれ。
(全席、禁煙にしてよね~~~!!!)

今回はホットケーキ。2セットを3人で分けました。
110105-01

出国手続きの頃は少し列が長めでした。
手続きをして、「ちょっと大韓航空のラウンジも見学しておこう」と。
なんと、なんと、このラウンジ、飲食物のサービスがあるではありませんか!!
しかも無料!
110105-22
しまった!!

ほんと、ここに5分座ったか、どうかって感じでした。
でも残念なのは 外の景色がまったく見えない場所にあったということ。
~それは やはりJALとかANAなら違うのでしょうが…
帰りの仁川に期待しよう、ということで、あとにしました。



搭乗もちょっとした優越感があります。
エコノミーなら長蛇の列に並びますが、ビジネスは優先されるからです。
110105-16
通路には誰もいません~!!いっちば~~ん!!

ところが…
この席…
広すぎて。
足の短い私には足も床につかないし…。
前に荷物を置こうにもシートベルトで体を縛ってしまうと、思うように手が届きません…
残念なことでした…
110105-28
まず、暖かいおしぼりにドリンクとナッツのサービス。
ドリンクは他にオレンジもあります。
このfisher honey roasted peanuts、とても美味です。
110105-29
ベルト着用のサインが消えるとあわただしく、機内食のサービスが開始されます。
夏同様、きちんとした食器です
メニューは…
110105-23
この人参のスープがとてもおいしかったです。
110105-24
これに、いろいろなお茶またはコーヒーのサービスが付きます。

すぐに着陸態勢に入るので、結構あわただしい食事になります。

片道1万円の追加ですが、これをどう思うか…
私たち3人はそれを存分楽しみました。
(乗った途端、コートもクロークに預かってもらい…こんなこともうれしくなってしまいました)

降りるときも優先され、いち早く韓国に入ることができました。
荷物についたタグもうれしくなってしまう、貧乏性の私です。
1110105-37

Page.103

今回の旅行、情勢も不安定なことや飛行機の空席状況から 予約するのが遅れに遅れ、なんと12月21日頃にセッティングを始めた次第。
 こんなに遅いのも初めてではないかと。

しかし、今回5日からの出発はJTBのAランク。
これも仕事をしている身ではめったに体験できないこと。
だって、一番安いんですもの…
これがあと二日ずれるとLとかになり、一挙に2万円近く上がります。
同じ行程をとっても その差が出るのだから、本当にばかばかしい話です。

それでその差額の2万円分(実際には2万円の差は出ないのですけど、ほぼ、です)を往復のCクラス席の追加を頼みました。
これはJTBが独自で行うコースのようです。

今回、手配が遅くなったので、ロッテホテルもプレジデントもいっぱいで取れませんでした。
ロイヤルなら空いている、ということでそちらにお願いしました。

結果的にはそれが一番良かったです。
~これまで韓国への旅行には…
まず国都(クットー)で地下鉄駅に近くてとても便利で、次がラマダ&スイートで、ここはスタバやコンビニがすぐそばにあり、ロッテマートに近く、地下にはチムジルバンもあり…
でも、ここも取れなくなり…
次はプレジデントで…格式があっても古いホテルは嫌だな~と思ってたら、意外に部屋が広く快適で。
次も、と思えば部屋がなく、仕方なくロッテへ。
ここも古いから…と思っていやいやの利用だったけど、リニューアルされてて、しかも免税店に近く、ロッテ百貨店もそばで便利で。
今回もロッテ、プレジデント…と思ったけどなくて。

そんなこんなのホテル歴ですが、結果的に見れば、今回のロイヤルは明洞の真っただ中にあり、とても便利でいうことなしでした。

 うまいように転がって…
残り物に福がある、…今回はたくさんそんな経験をした旅でした。


しょっぱなから…
早くに搭乗手続きをしたものだから、「ファーストクラスが空いていますから」と、そちらを利用することができたし!!大喜びの私たち!!!
 「早い新幹線で行ってよかったね」「早起きは三文の得だ~!!」とか言いながら、足のつかないでっかい椅子に体を任せ、(荷物を置こうにも手が届かない…)
ミーハーな往路を楽しみました。

気温もマイナス3度~マイナス12度。
去年のことを思えば、大したことありません。
私はあんまり寒さも感じず、快適に過ごすことができました(何せ、両親からもらったダウンジャケットを一枚来ていますから。あ、勝手に自分が育てたんですけどね)。

そんな旅の思い出、少しずつつづっていきます。

…今回、本当にもう少し、きちんとしゃべれるようにならないとな~と痛感した旅でした。
Page.102

今回は旅費が安いので、贅沢して往復ともC席にしました。
また、報告しますね

Kaさん

Author:Kaさん
ソウル旅行記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。