2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.13

そして6時半。7時から3月に訪韓の時に出会った若~い友人?に会うために梨大へ。

 梨大のあるあたりはソウルに入るときに道の両脇にウエディングショップがず~~~っと並んでいるのを見るだけで、行くのは初めてです。
 かつては梨花女子大学の学生は卒業前に婚約か結婚が決まっていたので、大学の周りに花嫁衣裳の店が軒を連ねているのだそうです。

 地下鉄の駅、エスカレーターを登る壁面には 花が描かれています。梨の花でしょうかね?
7.27-12


その「わか~い 友人」そらちゃんは3月に一緒にいた友達と一緒に来てくれました。

梨大付近は平日の夕方なのにすごい人混みでした。でもここまで来ると日本人の観光客は少ないようでした。同行した保育園の園長先生、好奇心が人3倍くらいの元気な方ですが、果物を売るトラックのおじさんからスモモを一かご買っていました(これはブー、だったそうです)。


 夕食はポッサムのチェーン店원할머니보쌈 で。
7.27-2

初ポッサム体験です。
豚肉は蒸す感じです。一つは普通のもの、一つはニンニクをすりおろしたものがたっぷりと乗っています。
7.27-13    7.27-14

たっぷりの野菜。もちろんお代わり自由です。薄いお餅を乗せるのもおいしいです。
7.27-15


サニーレタスやエゴマの葉をしいて、モチ・塩辛をつけた豚肉、キムチ類を乗せて一気に食べるのです。これがソラちゃんとカヨンちゃんの作ってくれたものが、なんとも絶妙な味でと~~ってもおいしかったです。私たちがと~~っても年上なので、気をつかって作って口に入れてくれます(わ~!!ドラマ見たい!!!!)
 私は「~のために!!」って乾杯の合図をしたかったので、お願いしてやってもらいました。
 そしてこれもドラマでよく見ていた例の、ビールのコップの中に焼酎を落とす飲み方をやってもらいました。これがまた、おいしい!!

 そらちゃんとはメールで何回かやり取りをしていたので、ちょっとお土産を用意していったところ(リクエストのあった下駄・カヨンちゃんのリクエスト「休足時間」(韓国で有名だそう)・ディズニーのボールペン・光や音の出るカード・地元のお饅頭・生ラーメン~など)。ソラちゃんは幼稚園で働いているそうなので、子供たち用の本・嵐の掲載されている本も。) 彼女も私たちに韓菓やお茶をお土産に用意しておいてくれました。

辛いものが苦手の人には海鮮カルグクスもありました。
7.27-17
この韓国式冷やしそば?、ぜ~んぶ混ぜて食べるのですが、酢も効いて とても美味しいものでした。(もちろん、辛いっす!)
7.27-16

みんなでピ~ス!!7.27-18



 聞くところによると韓国のお給料はとても少ないようです。そんな中でお土産を用意してくれて本当に感謝します。
 他の皆さんは結構疲れていたので、そこから若い二人にホテルまでタクシーで同行してもらい、皆さんがマッサージとかに行かれている間私はホテルの隣のスタバでもう少しおしゃべり。日韓のドラマの話で盛り上がりました。

 二人は来年の2月から日本でワーキングホリデーをするそうです。是非ぜひ応援したいものです。

 万歩計を持っていた人が「1万5千歩を超えた!」と言っていました。
よく歩いた1日目でした。

スポンサーサイト
Page.12

さっそく市内へ出発。歩いて10分程度のところ南大門市場7番ゲートの入り口にミウ両替所があります。そこで両替。『どのくらい両替しておこうか?』と言われても各人違うので予想はできませんが、春に行った時みんな4~5万円で残していたので、それくらいにしていましたが、これが甘かった。
 この日のレートは1万円が13万ウォン


 T-moneyのカードを借りたり買ったりして準備していたので、そこからは地下鉄乗車体験。会賢から明洞までひと駅ですが、乗車してみました。

 明洞は相変わらずの人ごみ。あまりに人が多いのでここに行くのはどうしようかな~とためらったのですが、何のことはない。即効コスメショップに引きずり込まれ(まさにそう、おまけや飲料水を餌に、引きずり込まれる~)…The FaceShopにミーシャにthe ETUDE House に…。皆さんお土産にコスメを頼まれていたようで、たくさん買い込まれていました。

 私もTheFaceShopに寄りましたが、その安さにビックリ。100円ショップもかなわないと思います。2年前に比べると倍の円とウォンの関係です。
 お昼を食べようにも時間が下がり…。ここで食事をしてしまうと夕食が食べられない、とひたすら我慢。とうとう我慢できなくなって~。NOON SQUAREの地下(CGV明洞(映画館)のあるビル)のアイスクリームショップ「コールドストーン」で休憩。

 注文の後、アイスクリーム・ナッツなどを混ぜていきます。
7.27-11

 そのあと、ロッテ免税店へ。ここでも子供へ、孫へ、友人へ~頼まれたお土産を探してみんなお買いもの。休憩所はあるにはあったのですが、そこがわからない人たちはひたすら歩きまわっていたので、ずいぶんお疲れだったことと思います~。
私も頼まれたBBクリームを探して、ゲット。ついでに私も使ってみようかと余計に買いました。韓国ではたくさん買うとおまけも多くなるのが買い物の楽しいところ。サンプルをたくさんもらいました。

明洞劇場。工事が終了して、すでにオープンしているようですね。レトロな感じが素敵です。
7.27-8



道路の端に駐車してあった白バイ?お巡りさん、どこにいるのかしら~
7.27-9





 


Page.11

ホテルは何度も利用している『ラマダ&スイート』。コンビニやスタバがあるし、地下にスバもあり、おまけにひと部屋の面積が広いのでそこにしたのですが…。
 1名キャンセルしたために3人部屋になるようになったので、エキストラベッドかな~と内心心配しましたが、トリプルが取れていて安心しました。
 浴槽がないので年配の人たちにはちょっと不便だったかな???

 私たちは二人部屋でしたがこれはまたこれまで数回利用のうち経験したことのないほど広いもので大きい冷蔵庫はあるわ、簡単な炊事ができるキッチンはあるわ、洗濯乾燥機があるわ…で驚きました。ベッドも一つがダブルサイズで。

7.27-7     7.27-6

それに比べ、3人の部屋の方は入ったとき煙草の匂いが残っていて、「出かけるので留守の間に 喚起しておいてください」とお願いするようでした。また、トリプルなのに備品(スリッパ・コップ等)が足らなくて、それも1日我慢していたようです(かしましい人たちなのに『そんなものかな~』と我慢していたそうです)。翌日にはさっそく連絡し、追加してもらいました。


ただ、このホテル、1階にいるときに『ちょっとトイレに行ってこよう~』と思うと、結構悲惨です。一か所バリアフリーのトイレ(男女別)があるのですが…。部屋に戻ろうにも9時前はエレベーターがなかなかやってきません。
 そんなときは階段を使って地下2階のスパのところまで行く方が速いです。

Page.10

 さて現地旅行者の方のお迎えでソウル市内へ。今回で5回目ですが、やっぱり2年前に最初に行った時のガイドさんほど良い人にはあえていません。
 その時は、仁川からず~~~っとソウル市内まで風景も合わせて色々説明してくださり、初韓国の私は本当に楽しい時間を過ごしました。それ以降そういう説明をしてくださるガイドさんに会わないので、一緒に行く友人たちに私が代わりに説明することも多くなりがちです。

 JTBを利用することが多いのですが、旅行の行程表のどこかに小さく現地代理店の名前が書いてあります。
現地旅行代理店よっては最悪なことも経験しているので現地旅行代理店は要チェックです。

 今回のガイドさんも、韓国における注意点とか(それはそれで大切なんですが…それだけじゃ物足りない…)、オプションの手配の希望・確認、免税店で使うカード等の記入に追われていました。

 今回の要注意は~。
タクシーの基本料金が上がったこと
模範タクシーは4500ウォン・一般タクシーは2400ウォン。そして新たにボディにオレンジのラインの入ったインターナショナルタクシーという制度ができたそうで、これは2400ウォンだそうです。

 過去数回模範タクシーで嫌な眼に合っているので、できれば一般タクシーに乗りたいな~と思うのですが、私のコミュニケーション力ではまだまだです~。

 そして地下鉄の切符がなくなり、すべてカード式になったこと。これはその日のうちにカードを返せば返金されるそうです。私たちは全員T-Moneyの利用を予定しているのでこれはかんけいありません。

 同行の人たちがNANTAの席が取れないかとその業者に頼んでおられましたが、あいにく無理だったようです。現場に直接行った方が良かったか、あるいはすごい人数の観光客なので、実際無理だったのかもしれませんね。

 私たちはちゃんと予約すみだったので、安心でしたけど…。

Page.9

私が「韓国大好き」「韓国楽しい!」と吹聴し、たまたま「太王四神記」好きの友人がいて、さらに友人を誘って総勢5名3泊4日の韓国行きとなりました。
 
出発…その前に
おりしも今年は長梅雨。7月20日ころからの豪雨で私たちの地域も大災害に見舞われました。27日が出発の予定でしたが25日には福岡が豪雨に見舞われ、福岡空港の滑走路は冠水するわ、道路はいたるところでがけ崩れで通行止め。本当に27日の朝無事に出発できるのだろうか…福岡空港にたどりつけるのだろうか…。前日の深夜まで心配しながらの荷造りとなりました。


27日の朝…お天気は何とか持ちそうです。
博多に到着してからの交通事情が心配だったので、一便早めて新幹線の始発に乗りました。道路も渋滞はなく、スムースに福岡空港につき、無事チケットを受け取り、「国外」に出ることができました。やっと、ほっとした感じです。
 青い機体の大韓航空機はすでにスタンバっています。7.27-3
7.27-4     7.27-5


 好天に恵まれ、眼下には玄界灘の島々が見えていました。やがてすぐ雲海に代わり、シートベルトのサインも消えて軽食が配られます。毎回思うのですが、国内便程の飛行時間に軽食が配られるのだから、あわただしいでしょう。
 今回もサンドイッチ。食べ終わった頃にはもう着陸態勢です。
大韓航空機はいつのっても思うのですが、着陸がスムースです。叔父に言わせれば「(パイロット達は)軍隊で鍛えているから」…とのこと。ことの真偽はわかりません。でも妙に納得してしまいます。


Kaさん

Author:Kaさん
ソウル旅行記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。