2017 / 06
≪ 2017 / 05 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - 2017 / 07 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.86

弘大からはタクシーに乗ることにして。

タクシーを拾いに歩いていたところ、狭い路地で車に乗った人たちが喧嘩。
若い兄ちゃんが興奮して、しつこく相手に突っかかっていました。
相手のほうは車を出して、去ろうとするのですが、それに又逆切れして…。

車の前に立ちはだかり、止まった車のボンネットに乗り、窓ガラスを叩き…。

怖いのでこの先は見ていませんが。

初めて、そんな光景を見ました。
どうなったでしょうか…???



さて、ホテルに帰ると10時過ぎ。
ソラちゃんからもらったコーヒーをいれ、お風呂に入って…

のりりんとペコちゃんは Holika Holikaで買った足シートを早速試していました。

その後私の意識は 朝までありません。

楽しい一日でした。
スポンサーサイト
Page.85

さて、夕食は豚肉を食す、の予定です。

弘大を散策している時、たくさんの焼肉のお店がありました。
韓国は、どこでも感じますが、似たようなお店が並ぶ、という特徴があるみたいです。
競合することで、お互いが盛り上がる、って効果でしょうか。

道を歩いていて、熱気(まさに、熱い)を感じると、店の外で大量の炭をおこしているので…。
わき見歩きは結構危険です。
20108-58

さて、カヨンちゃんも到着し、セマウル食堂へ。
たぶん、あちこちに支店のある「セマウル食堂」だと思うのですが。

お店はほぼ満席ですが、何とか座ることができました。
荷物を置くために 透明なビニル袋が渡され、その中に荷物を入れました。
これってグッドアイディアですね~。
煙を吸うための煙突が各テーブルに一つずつ上からぶら下がっています。
これを伸ばしたり縮めたりします。

20108-61
まず、注文したお肉が運ばれてきます。
軽く、タレがかかっています。
20108-50
こんな風において…。
煙突はお肉のすぐ上まで伸びてきています。
20108-51
たくさんお兄さんたちがいて、こまめに世話をしてくれます。肉を焼いたり、鉄板を入れ替えたり。
韓国の焼肉は鉄板をこまめに入れ替えますね…。
20108-56    20108-62

そうこうしているうちに、テーブルの上は たくさんのパンチャン반찬(おかず)でいっぱいになってしまいました。

20108-55
これら、当然 無料でお代わり自由。
これが ソウル行きをやめられない原因のひとつになっています。

要注意はこの青い唐辛子。
20108-59
ししとうの様でもあり…。
みそを付けて食べますが、辛いのに当たると こたえます。
ばくちみたいです。
 のりりん、辛いところに当たって…。
ご飯を頼みました。
ご飯は有料。必ず、テンジャンチゲが付いてきます。これは無料。
この、昔懐かしいアルミの鍋に入っているのが面白い。
(このアルミのちっこい鍋、たくさん並んで売られていました。)
20108-60

私たちは マッコリを注文。
マッコリが焼肉や、辛い料理に実に合う!!
続いて 焼酎を1本頼みました。

続いて「豚の皮」を注文。デカイ
20108-52
コラーゲンたっぷりだそう。
小さく切ってくれます。不思議な食感。
20108-53
冷麺も注文
すっきりして、美味!시원하다 !という言葉が ぴったりします。
20108-54
「写真撮って」とカメラを渡したら、おもむろに自分たちに向けて ハイポーズ!
 こんな おもろい 兄ちゃんたち満載のお店です。
20108-57
帰り際にも、「どんな仲間?」と聞かれ、ソラちゃんが「友だち」と言ったので、私も「そう、友だち!!」って言うと、レジの兄ちゃんが「嘘だろ~~!うそつき~~~!」だって。
そりゃ、親子ほど年は違うけどね~~!!

(だって、ここの支払いを頑としてソラちゃん・カヨンちゃんが してくれたってことで、余計『どんな仲??』って思ったのかもしれません)

ソラちゃん、カヨンちゃん、ご馳走様~~~!!
…それにしても、たくさん食べて飲んで…7万ウォンは いきませんでした。
だから、ソウル行きはやめられない…。

Page.83

 夕食はソラちゃんとカヨンちゃんが「ぜひ、ご馳走させて」…ということで、場所を弘大(ホンデ)홍대に移動しました。

 去年、梨大を散策しました。ここ弘大も若い人の多い町です。

合流するカヨンちゃんが7時半過ぎる、というのでそれまで少し散策しました。
『コーヒープリンス1号店』のロケ地となった店があるというので、そこを見に行きました。

『コーヒープリンス1号店』はユン・ウネが男装し、大人気だったコン・ユと共演した2007年放送の人気ドラマです。
第4話のシーンが『コーヒープリンス1号店』オープンの様子です。
この撮影後、コン・ユは入隊し、すでに除隊しています。

その撮影地が所有者の好意により、当時の姿を残したまま営業されています。

20108-47
20108-48
20108-49

私たちが行った頃は、日も暮れようとしていた時間ですが、韓国人のグループもいて、たくさん写真を撮っていました。

韓国のドラマは こうして現地での撮影が多いので、韓ドラファンにはロケ地めぐりも楽しいでしょうね~。

弘大の駅周辺は飲み屋さんがたくさんあって、別の活気があるのですが、少し離れたこのお店の周辺にはちょっと素敵なディスプレイの店も多く、昼間の散策も楽しいだろうな、と思いました。
Page.82

「どこに行こう」と 話していた時、訪韓9回目になるのりりんと「梨泰院に行ってみようか」ということになりました。
 日曜日だったので、ソラちゃんも会ってくれるというので、ガイドさんもバッチリです。

4時に地下鉄3番出口で待ち合わせ。
乙支路入口から乗換えが多いので、私たちはホテルから直接タクシーで行きました。
みんなT-moneyのカードも持っていますが、何せ、ソウルはタクシー代が安い!
それを考えるとついつい利用してしまいます。

タクシーの運転手さんとは「何で道が混んでるの?」「ロッテデパートがセール中だから、駐車場に入る車が2列になって道をふさいでいるからだ!」なんて話しながら…。

初めての梨泰院は外国人がいっぱいでした。
たぶん、アメリカ人が多いのだと思います。
近くにアメリカ軍の本体があるみたいです。
大通りの入り口にはWelcomeのゲートがありました。
20108-35
欧米の人の姿が、とにかく多い。
20108-36
20108-37
色々な国の国旗・首都・「こんにちは」が刻まれたプレートがあちこちに。20108-38
20108-39
ずらり並んだ屋台の荷台には韓国の絵が描かれています。
20108-40
20108-42
20108-41

ソラちゃんも梨泰院にはあまり来たことが無く…。
大通りをうろうろと。
私たちも「これ」という目的があるわけではありません。
『梨泰院って、どんなところかな~??』と 一度空気を吸ってみたかっただけです。

とりあえず、とても暑いし、喉も渇いたので、お店に入ることに。
Rotiboy梨泰院店
韓国のカキ氷・パッピンスを注文しました。
20108-43
グルグルかき混ぜて…こんな風に
20108-44
中に、日本の黄な粉っぽいものがあり…。
「ミスカル」だとのこと。
これが意外にマッチして、美味しかったです。

とりあえず入った店ですが、食通のペコちゃんが「Rotiboy」のパンの写真を見つけ~!!
「これ、おいしい(らしい)んですよ!」と 注文。
(この時点で、私たちはRotiboyの店に入った、ってことに気づいていない…。ただパッピンスの写真に惹かれて入店しただけでしたから)
せっかくだから、と一つ注文。
20108-45
20108-46
確かに、バターの少し沁みたところが 懐かしいホットケーキの感じもして、美味でした。


ここで、久々のソラちゃんと 芸能話に花を咲かせました。
ソラちゃんのほうが、日本の芸能界情報に 詳しいんですもの~。

それにしても…。
ソラちゃん、いろんなことが出てくるたびに、携帯を取り出し、ペンらしきものでさっさと入力し、タッチ画面を自在に操り…。
彼との出会いもネットゲームのオフ会で、とのこと。
さすが、IT王国韓国の若者だな~~と思います。
私も、あんな携帯ほしいな~~~と、真剣に思いました…。
韓国の携帯、ペン入力のものが多いですね。たくさんの人が持っています。

梨泰院では、地下鉄の梨泰院駅からショッピング通りを緑莎坪(녹사평)駅方面まで歩いて、折り返し…。
梨泰院を離れ、弘大まで向かいました。
Page.81

ソラちゃんとの待ち合わせは梨泰院で4時。それまで時間があるので、両替&コスメを買いに明洞へ。

明洞の両替所はいつもの店。
今回のレートは1万円=134500ウォン。
お正月よりウォン安になっています。

しかし、私はこれからは韓国の方が国力が強くなる~と信じているので、ちょっと多めに両替。


明洞はいつもたくさんの人出です。
こんな面白いイベントコーナーもできていました。
「アイスハウス」
たくさんの氷でそばを通ると涼しくなりました。

20108-18


コスメは同行ののりりんが前もって調べていてくれたところに。

「Holika Holika」
ここへのお目当ては「かかとシート」です。
すると足全体へのシートもあり、どちらも両足分入って(当たり前か)2500ウォン。
一つ200円弱。
手のシートもありました。

顔シートは これまでいくつも使った経験がありますが、手足のシートは珍しいので、何個か買って帰りました。

プリンのような感じのBBクリームもあり、気持ちよさそうでした。
20108-20


明洞のコスメ店ではたくさんの若い女の子達が働いています。
客引きも多いのですが、逆に日本語に自信の無い子は、質問しようとしてもさっと視線を避けていきます。

ところが、今回痛感したのは中国人の多さ。
一概に中国人、とくくるのは失礼かもしれません。
台湾の人もいれば、中国の人もいるかも…
中国も上海の人も北京の人もいるかも知れないけど…。
とにかく、これまで明洞=日本人がいっぱい!が 変わったと思います。

Holika Holikaの店員さん。
ユニフォームが不思議系です。

20108-19

続いて「innisfree 明洞1号店」へ。
ここものりりんさんの発見ポイント。
ワインの成分の入ったピーリングクリームがあるとかで。
innisfreeのモデルは少女時代のユナでした。

済州島の火山灰の入ったクレイも興味をそそりました。
ここでは、何も買いませんでした。

のりりんとペコちゃんはピーリングクリームとか、購入していました。
ただ、どこのコスメ店でもですが、何気に店員さんがスプレー式のコスメを勧めてくれます。
知らないで買おうものなら大変です!
空港で悲惨なことに…。
店員さんも外国人には勧めないで欲しいものです。



ロッテデパートのコスメコーナーには休暇中の兵隊さんが。
彼女へのプレゼントかな?


20108-21

Page.78

 これまでソウルのホテルを選ぶ時、新しいホテルを選ぶようにしてきました。
なぜなら…格式があって由緒があるホテルでも、古いと水の流れが弱く…これは韓国では仕方の無いことなのですが…それが嫌だからです。

 が、前回プレジデントを利用し、交通の便のよさ(と、たまたま部屋が広かった)に「昔ながらのホテルも悪くは無い…」と思うようになりました。
 それに加え、今回は予約も直前で、すでに新しいホテルは満室状態。
ロッテホテルか明洞のロイヤルか…と悩んだのですが、ロッテにしてみました。

今回、3人でエキストラベッドを使うようになり、部屋も狭かったのですが、それ以外をのぞくと、とても快適でした。
 水周りの流れもよく
それに、アメニティもきちんとしていて…。
ペコちゃんはボディシャンプーがとてもお気に入りの風でした。

タクシーを拾うのも ホテルマンが案内してくれます。
模範タクシーが嫌いだから、一般タクシーをお願いするのですが、行き先を運転手さんに伝えてくれるので、私たちも、運転手さんも 助かるのです(私の??なハングルで行き先を言うと、運転手さんが不安になるんですもの)。
それに、やっぱり老舗のホテルなので、たくさんのホテルマンがいて、すぐ助けてもらえるのも安心です。
値段は、そう高い設定ではありませんでした。だって、Aクラスだったと思う…。

ちょっと難をあげれば。
乙支路入口の駅は、私たちの行きたいところに行くには、乗換えが必要であること。
コンビニが近くにないこと(他のホテルに比べ。他のホテルは出口付近に必ずありましたから)。
って、ところでしょうか。

部屋もリニューアルされていたみたいで。
3人ではちょっと狭いけど、又、楽し…。
20108-34
ベッドサイドのインフォメーションも液晶です。
20108-28
当然、薄型の…
20108-29
バスはバスタブには頭上に固定シャワーとハンドシャワーも別についていました。
…が、レバー操作を間違えると、頭上から、シャワー攻撃を浴びます。
20108-31
向こうはすりガラス。さすがにブラインドが部屋側についています。
20108-26
私的にはバスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、と、更にもう一枚フェイスタオルがあるのがとてもうれしかったです。
20108-32

エレベーターの中。バラの花が飾ってあります。
そして、いつ乗ってもいい香りがしたのは…。香水を使ってる???

20108-22
エレベーターの天井も きれいですね
20108-23

部屋の窓から、いつもは工事中の壁面で覆われているソウル市庁の工事の様子を見ることができました。
まだ、ずいぶんかかりそうですね~~。
100808-001

Page.79

仁川空港からソウル市内への道。
高速道路の渋滞が心配されましたが、市内に入ってもスイスイ。
前回もスイスイ、でしたが、あれは豪雪のためでした。
20108-16

漢江沿いのプールはすごい人混み。
「芋の子を洗う」どころか、豆を洗っているような感じでした。

議事堂近くには こんな衛兵さんたちがあちこちに。
暑いのに、ご苦労さん。
20108-14

Page.80

仁川空港、今回は入管の手続きの列が なかなか縮まりませんでした。
友人の言うことには「パスポートにICチップが入っていない人が多かったのでは??」と。

私たちはトイレに行っていたので、挙句に並ぶのがずいぶん遅くなってしまい、ターンテーブルの荷物も少なくなっていました。

 …ふと、ある青年が私の?トランクをテーブルから取り…取っては見たものの怪訝そうな顔つきで歩き出そうとしていました。
え???と、私と目が合い。
やっぱり…
「すみません、間違えました!」とのこと。

あまりの重さに ん??こんなに重かったっけ??と 思ったのでしょう。
(お土産満載で、すでに23キロ)

あ~、危ないところでした(誰も取らんって!!)。

その青年のトランクは同じような色はしているものの、ベルトの色が全く違ったそうです。
自分のベルトの色って案外覚えていないんですね…。(か??)
Page.77

…というわけで、ビジネスクラス初体験。
ミーハー丸出しで、三人が機内の写真を撮りまくり
だって、搭乗からして 優遇されていますもんね~~。
さすがに世間は夏休み。手続きに長蛇の列。
20108-1
プレステージのチケット。
記念にパチリ。

20108-3
搭乗も エコノミーより先に。
20108-4
シートもゆったりしています。色々リクライニングのボタンもついて、ゆった~~り
20108-13
まず、おしぼり
20108-5
生ジュースがサービスされます。
20108-6
機内食のメニューもこんな風に
20108-7
エコノミーとは全く違いますね~。
緑茶のパンが美味しかったです。
20108-8
食器はWedgwoodでした…。
20108-9
機内では「ウェディングドレス(韓国映画)」も上映されていました。(子役とソン・ユナの演技がうまく…。帰りの便でも続きを見ました…)
20108-12
天気は快晴。
20108-10
窓からの景色も最高でした。
201008-11

しかし、あっという間に仁川空港に到着。
あ~~、これって癖になりそう。
1万円の追加でしたが、他のルートではどのくらい追加すると乗れるんでしょうね…。
これぞ 私の中では『最高の贅沢』でした。
Page.76

丸3年、ソウルにはまっています。
たぶん、第1回目が2007年の8月9日~。
 初ソウルが私をますます韓国好きにさせてしまいました。

今回は3人の旅。
私が職場を異動したので、夏季休暇の様子がつかめず、予約がずんずん遅れ…。

いざチケットを手配してみると、行きは1万円追加のビジネスしか飛行機のチケットが取れず…。
それでも朝~夜の便を希望して(この時点でも 追加料金が派生するのですが)、その便にしてみました。


『ちょっと、ビジネス経験もしてみたい…』そんな ミーハーな気持ちからでもありますが。

さて、ボチボチ、記憶をたどりながら、旅の思い出を整理していきます。



Kaさん

Author:Kaさん
ソウル旅行記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。