2017 / 10
≪ 2017 / 09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - 2017 / 11 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page.66

さて、いよいよ飛行機は飛び立ちました。
1時間の中で離陸~着陸の時間を除き、その間に機内食のサービス、免税品の販売…とスタッフの人たちの動きはあわただしいものがありました。
 私たちの頭の中は「最終の新幹線に間に合うかしら~」ということばかり。荷物が遅く出てきたら、ぎりぎりアウトってことになりかねませんから。

 帰ってくることにはさすがに福岡の夜景がとてもきれいな中です。旅の終わりの寂しさが迫ってきます。
 税関が長蛇の列だったので『審査が厳しいのかな~?』『間に合わないじゃない…』とか、心配しましたが私たちのころにはガラガラで助かりました。
おかげで最終のこだまに乗り込む事ができ…。

 新幹線の中でMahou女史が飛行機の中で書いてくれた感謝のメッセージカードを受け取りました。1枚目は墨がこぼれて汚れていましたが、後で聞くところによると気圧の関係からか、墨汁がタラタラ出てきたそうです。3人の署名がしてあって…。
後ろでビールを飲んでいるとばかり思っていたら違っていました。こんなことをしていたのですね。
20100106-049
 色々企画、手配した私への『感謝』とのメッセージですが、こちらこそ『感謝』です。
旅は「行きたい」って行ってくれる人がいないと始まらないし、何をするにも誰と何をしたかで楽しさも生まれてくるというもの…。今回、私こそ皆さんに楽しさをもらい、こうして長々とまた思い出話を忘れないように綴っているわけです。 本当にありがとうございました。
あんなことや、あんなことや、こんなことや、そんなこと…。きっと忘れてしまうだろうけど、楽しかった記憶は心に刻まれていますから。

 そして、新幹線は東へ。それぞれの駅で別れたわけです(最後は娘の車に積み込まれて帰りましたが)






スポンサーサイト
Page.65

仁川空港まで、あまり意識はありません~。
気づいたら空港近くの風景でした。

4日には市内から3時間かかった…ということでしたが、この日はほぼ1時間。いつも通りでした。

仁川空港はまず荷物を預け、チケットを発券してもらいます。以前は機械で発券するようになっていたのがいつの間にかまた元に戻っていましたね。荷物に問題なければ身体検査→出国審査へ。飛行機は30分出発が遅れる、とのことでした。
 ここの空港はいくらでも時間がつぶせるので時間がいくら残っていても楽しみは見つけられます。
色んなイベントもあります。天使が写真を写してくれます
20100106-037

こんな人もいました。
メールをしてたそうです。

20100106-048
 集合時間を一応決めてみんなそれぞれお土産の買い残しに…。あ、でもMahou女史は人混みだとここもくっつき虫だったので、誰かと一緒にくっついていました。
職場や親戚へのお印のお土産をここで買いますが~。やっぱり食料品関係は市内より高いですね。
 ペコちゃんは探していたキーホルダーを見つけることができたし、のりりんは友達へのプレゼントも無事購入(ホント、この友達がうらやましいくらい気前良し!)。
 散策した後、スタバでコーヒー。
ここで『ハニーオレンジラテ』を飲んで意外に美味しかったのですが帰国後私が行った2箇所のスタバには無かったですね。もう少し都会にあるとあるのかな?
 
 ここにくるとさすがに色んな人種の人が入り混じりハブ空港ということを実感しますが…。免税店の交換所には日本人ばかりが並んでいるようなのは…気のせいでしょうか~?


Page.64

満腹になった私たちはいよいよ最後の予定地ソウル駅横の「ロッテマート」へ。
4号線の恵化駅からそのままソウル駅まで直通です。

 恵化駅への降り口はまだ雪が固まり駅員さんが除雪(というか除氷ですね)にいそしんでいます。
 日本の雪国から考えると25.8cmの積雪ってたいしたこと無いのですが、あまり雪が降らないので対策が不十分なのと、寒さで凍りつくので予想外に交通が麻痺したみたいです。
対策も話題になっていて…。
その後大雪対策が話題になっていたみたいです
そういえば地下鉄の入り口など融雪の設備があってもよいですよね…。

ソウル駅ではたくさんの兵役の人の姿を見ました。
休暇中なのでしょうね。
20100106-038


ソウル駅前ではいつものように炊き出しが行われ、たくさんの人が食事を受け取っていました。
金属製のプレートにご飯やおかず、そして汁も入るようになっているのが韓国らしいと思いました。

そしてロッテマートに。

20100106-036
ここでは1時間弱しかなかったので写真を撮るまもなく、2階(正確には3階)~1階と買い物をしました。
 私は2階の文具売り場で36色の色鉛筆セットを探し(教保文庫では見つからなかったので)12,000Wと(1010円くらいかな?)安いので二つかって帰りました。
20100106-046

食料品売り場ではインスタント伝統茶を数種類。夏にソラちゃんにセットになったものをもらって美味しかったのでそれを探したのですが、ロッテには無かったです。
 みんなはマッコリを買って持ち帰っていました。美味しかったみたいで、私も次回は買って帰ろうと思います。
 今回は別送は無く、みんなお持ち帰りということで。

ロッテマートからホテルまでは荷物も多いのでタクシーに乗ることにしました。
ここではタクシー乗り場に要注意で、ソウル駅前から乗ると交通規制の関係ですごい大回りをするので、これはぜひロッテマートの1階から出てタクシーに乗ることをお勧めします。
 
さて、ホテルに帰ってからまた一騒動。
荷物をスーツケースに詰め替えなければいけません。
甥っ子さんへのお土産に『韓国といえばアーチェリーでしょ』とMahou女史に勧められ買ったのりりん、何とかペコちゃんのケースに入ることが判明、プレジデントホテルの1階トイレ前の通路で3人が大騒動しながらパッケージ。その様子を床掃除のおばさんが横目で見ながら掃除して行きます…。
 そしてパッケージを終え…お迎えの時間2時50分になりました。
おっと、このまま仁川まで行くと車内でのどが渇くかも~と大急ぎで近くのお店に水を買いに行き帰ってみるとジャストでした。

 そしていよいよソウルをたちました。

その前に、おまけがあって。
今回の旅では話題に事欠かないペコちゃんが またやってくれました。
ロッテマートから帰った私たち。もうチェックアウトしているので荷物預け場に直行しているとフロントからお姉さんが飛び出してきて「○○さま(ペコちゃん)、室内の冷蔵庫をご利用になっています。」と。
つまりお金を払っていない、ってことでした。
???となっているペコちゃんに「ご自分の水が冷蔵庫に入っていて、ホテルの冷蔵庫のを飲まれています」!!!!
 フフフ~。ペコちゃん、おかげで4倍もするホテルの美味しい??水を飲んだことになりました。
『ご自分の』水も残っていたので、それをお持ち帰りしました。


Page.63

3日目の昼食は大学路(テハンノ)にある「トブロハムッケ(더불어 함께)」にしよう~と決めていました。『一緒に』って意味ですね。
ネットで見てもたくさんのおかずが並んで、ご飯も美味しそう…。『わざわざ』ってほど遠くも無いし。

 恵化駅4番出口からは行き方が詳しく紹介されていました。
最後の最後になって、「曲がってすぐ」のような書き方がしてあってのですが実際は少し距離がありました。

曲がりかどにこの「火山高」のでっかい看板。
さてはロケ地?とか喜んで写真を撮ったけど、書いてあることって「肉屋の春秋巡戦国時代…???」
意味がよくわかりません…。

20100106-024

雪かきをしていたおじさんに尋ねるとわざわざお店の中まで連れて行ってくださいました。コマウォヨ。
この暖簾がかかっているので目立つには目立ちます。
20100106-025
看板
20100106-021
門から戸口まで。雪が降ってまた趣があります。
20100106-026

 お客さんは韓国のアジュマ2人組みのみ。後は私たち。少しして日本人の夫婦らしいペア。
 ここもオンドルで床面が暖かく…。広蔵市場で買ったチャンジャ類を熱から守るのに工夫するようです。まったく、韓国の室内は暖かい(おりしも韓国でも問題になっていましたね。パリの室内は19度なのに、ソウルの室内は25度。電力の消費量もグンと上がって。もう少し室内温度を下げなくては、という問題提起でした)

まあ、出てくる出てくる…出てくる。このおかずの数々。
20100106-029
ちょっと変わった食感のものがあったので尋ねると「ごぼう」を柔らかくして甘煮にしたようなものでした。

 ここの名物は釜飯のおこげ茶漬け。
20100106-028

釜飯の中身は釜に焦げ付く分は残して後はすぐ別の容器に移して、
20100106-031

その釜にお茶(ドングルレ茶)を注ぐと…。すごいことがおきます。
ブクブクブクブク…と泡だって。
めっちゃ楽しいです。

20100106-032
泡が盛り上がるのに驚き!

長生きはするものです。この年になっても「初めて」見るものがありますから~。

 
そして、マッコリ。発酵しているのでしょう、徳利の口から泡があふれてきそうです。
20100106-034
20100106-027

「あ、今日は日本に帰っても運転しなくていいんだ…」と気づいた4人は、心ゆくまで美味しく、料理もマッコリも平らげたのでした~。「잘 먹었습니다(ごちそうさまでした)^^」
20100106-033
そして最後のこのお茶。ニッケの味がして、美味しかった~~~
20100106-035


マッコリ、美味しいわ~~
Page.62

再びアーケードを抜けて、大通りへ。
-13℃というのは聞いてもピンとはこないのですが、何とかなるものですね。
足の裏にはさすがに「貼るカイロ」をつけて歩きましたが。

ただ雪はまったく溶けません(当たり前か)。
歩道も『雪が無い!ラッキー』と思ってツルツルした面を踏むと自分の靴の裏が凍っているので意外に滑りやすく…。
前日の足組の二人の足ツボマッサージの効果も吹き飛ぶかのようじゃなかったかと思います。
お天気はとてもよいので、すがすがしい青空の下、恵化の駅まで歩きました。

町並みをゆっくり歩くのもよいものです。
人の顔のようなポスト
20100106-043
店先の可愛い雪だるまたち
20100106-019

が…。
ここから事件勃発。「かわいい郵便ポストですね~」「雪だるま、可愛い~」なんて、浮かれて写真をとりまくっていたペコちゃんが「どこかお手洗いないですかね??」と。そのあたりは普通に商業ビルや商店が並び、ありそうもありません。その時はなんとも思わなかったのですが…。
少しするとだんだん急を要するようで声も切実になってきました。ファミマがあったので入ってみると「無い」「もっと行った先の公園にならあるけど」とのこと。
このあたりではすでに撃沈しそうです。
いざとなったら無いものですね…。だんだん切迫してきて…。無い…。もう大事件が起こりそうなそのとき…。
大きな薬局の入ったビルに飛びこんだペコちゃん。私がそこの人と話すまもなく階下に下りて「ありました!!」の声とともに…。
 声をかけてくれた薬局の人は「ウリナラサラミィエヨ?」(韓国の方ですか?)と聞いて私が「アニョ」(違います)といったものだから、下に下りるのをなんていったらよいか考えている風でしたが…「ネリョヨ?(降りる?)」とこちらから仕向けると安心したかのように「ネー(はい)」と答えてくださいました。でもその間にもすでにペコちゃんは…。
*@*+*@?*@…
ふ~~、一安心。
そこの階段の貼り紙。
これは「トイレあります」ではなく「階段 すべる 注意」と書いてあります

20100106-020
ここでも話題提供。


そしてみんな無事 地下鉄4号線恵化駅に4番出口に到着し…。
昼食会場に向かったのでした。トイレ騒動で開店時間11時もまわり、時間調整もばっちりでした。

Page.61

いよいよ最終日。朝のテレビのニュースではソウルは-13.5度。フフ!

朝食は…広蔵市場でつまみ食いをしながら~という予定でホテルを出発したのですが、乗ったタクシーの運転手さんが「広蔵市場はまだ開いていないんじゃないか…?」とのこと。 でも、まあ見学だけでもいいから…ととりあえず連れて行ってもらいました。
洋服店などは開店準備で忙しそうでしたが、食材を扱っているところはほぼ開いていて市場の様子を見ることができました。
 この亀、2年前にここにもいた気がするのですが。ペットなのでしょうか。
20100106-001


 あるお店の前で日本語で話しかけられ、チャンジャの味見をさせてもらいました。よく見るとケジャンも漬かっています。色々味見させてもらって、飛行機でも大丈夫なように包んでくれる、ということで。
20100106-002
タッパーの大と小がわかるかな~?
20100106-003
美味しそうに漬かっているケ(かに)。とうがらしに漬かったのもありました。
20100106-004
「これください」
20100106-039


 チャンジャ…1キロ20,000W、ケジャンはケースの大小で10,000Wと20,000Wがあり、結構ありました。品定めをしている間や注文品の包装の間、柚子茶のサービスがあり奥の暖かいストーブで温まっておきなさい…と親切でした。中に先に千葉県からという女性の二人連れがいて、3ヶ月前にもここにきて、また、ということでした。

 ここから先、通路の真ん中にずら~~~っと屋台が並びます。
20100106-005
買った後、すぐ横にあるビンデトッのお店で小さい肉入りのを注文して4人で分けました。これくらいが丁度よく。タレも自家製のようで、唐辛子やたまねぎのざく切りが入っており、辛目のあっさり味でした。
大きいのはお豆だけ。小さいほうが肉入り
20100106-040
20100106-007

一枚しか頼まなかったので食べ終えるのも早く…すると、さっきのお店からアジョシがキムチをおつまみに…と持ってきてくれました。すごい連係プレイ。ありがたいけれど、すでに食べ終えていたしキムチだけでは辛いので、感謝しつつお断りしました。

 いつもこの緑豆をひく臼が回っています。
屋台のそばで緑豆が石臼で挽かれています。

そのあと少し歩いて…今度は別の屋台のアジュマと目が合い…。
20100106-041
20100106-011
トッポッキがあるというのでこれも2人分注文しました。美味しい!!!なんともいえずハマル味付けです。
20100106-008
色々勧められるのですが「おなかが一杯だから…」と(こう断るのは朝ごはんを食べた後の時間帯が便利ですね)。
でも「おでん」にはそそられてこれも2人分頼みました。

20100106-009
韓国のおでんは日本から行ったものでしょうが、まったく形が違っています。長いくしに刺さっているのは魚の練り物です。

ここの屋台のは たくさんのいりこでしっかりと出汁がとられていて、最後に韓国のりを散らして…本当に美味しかったです。
20100106-042

 ベンチには(オンドルのように)暖房が入り…。お尻はホカホカ、口からもホカホカ、…ととっても心地よい時間でした。
20100106-012

 アジュマがポーズをしてくれました。
20100106-013
この屋台です。
20100106-014

そして、屋台が途切れそうなころ、衣料品の並ぶ路地に入り…。
目標は『麻薬キンパッp』…朝なのでやっているかな~とちょっと不安になりましたが…。


ありました!!!2008年8月と同じ場所。
目標は頭上のこの看板20100106-015

ここでも1人前をみんなで分けて食べました。
これで一人前。結構な量です。
20100106-016

これに暖かいカップスープもつきます。スープは4人前くださいました。
20100106-017

本当に美味しい!!
『麻薬』の意味もわかります。

ここって、広蔵市場の入り口からひとつ南に降りた入り口のまっすぐの場所なので
ここから入って直進。
20100106-018


皆さん、どうぞ!


大方ぐるっと一周して、地下鉄で一駅の恵化まで歩こうか…どっちかな?と地図とにらめっこしていたら、何やら制服を着たお兄さんが「どこに行いたいのか」と声をかけてくれ、「恵化の駅に行きたい」と地図を見せてたずねると…。
「寒いから、ここからタクシーで行きなさい」とまたまたタクシーを進められましたが、歩いて20~30分とのことなので、腹ごなしに歩きます、寒いのは大丈夫、と答えて歩き始めました。

 その後、また事件も起きましたが、今日のところはここまで…。

まだ3日目のはじめです。 ファイト!!

Kaさん

Author:Kaさん
ソウル旅行記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。